読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぞなぞのお話

気が向いたら続くかも
 
ある島に論理学者200人がいる
200人の中には青い目が100人、茶色い目が100人いる
しかし論理学者はその内訳を知らず、ただ人が200人いて、自分以外の人の目を見ることができる
また、論理学者どうしでコミュニケーションをとることは不可能である
毎晩船が来て、自分の目の色がわかった人だけが船に乗って帰ることができる
論理学者は論理的に正しい解答を得られた時にだけ、解答をする
初日に一つだけヒントが与えられた「この島には、少なくとも1人青い目の人がいる」
 
さて、最短で何日に何色の目の人が何人帰ることができるだろうか?
 
めちゃむずいけど、解けたらすっきりする